【2022年】 雨の日に聴きたい メロウな梅雨時ソング 12選 【洋楽】

メロウな梅雨時ソング洋楽ライフ
Pocket

R&B、ジャズ、ソウル、ポップからサクラタップス音楽部的視点で雨の日に聴きたくなるような、”メロウな梅雨時ソング”をセレクトしてみました。

あまりタイトルにこだわらず、2021年~2022年の作品の中から雨の日に家の中でしっとりと聴き入りたくなるような12曲をピックアップしていきます。

スポンサーリンク

【2022年】 雨の日に聴きたい メロウな梅雨時ソング 【洋楽】

Leven Kali – LET IT RAIN

まずはネーミングから。Leven KaliRhyRobin Hannibalとの共作によるメロウグルーヴィダンサー。

Leven Kali – LET IT RAIN (Audio)
Leven Kali / ハイセンスなウェストコーストR&B
カリフォルニア州サンタモニカ出身のシンガーソングライター、 Leven Kali (レヴェン・カリ)。R&Bをベースにしながらネオソウル、ヒップホップを加え、そこに彼独自のハイセンスで西海岸的な爽やかさをともなうメロディと空気感がどの曲にも散りばめられていて、気持ちの良い空間とヴァイブを提供してくれるサウンドです。

Xiomara – Chardonnay

ベイエリア、オークランドの新星、Xiomara(ジオマラ)のデビューアルバム『Sistas』より。ジャズ、ソウルとアフロキューバフォークロアリズムがミックスされたしっとりと浸りたいネオソウル。

Chardonnay

 

Aoife Nessa Frances – Emptiness Follows

アイルランド、ダブリンのシンガーソングライターAoife Nessa Frances(イーファ・ネッサ・フランシズ)の2022年シングル。水中に深く沈み込むようなハープとホーンが印象的なアイリッシュダークポップ。

Aoife Nessa Frances – Emptiness Follows (Official Video)

Wax Machine – Guardians Of Eden

ブライトンの5人組ジャズ・サイケデリックバンド、Wax Machine(ワックス・マシーン)より。フルート、エコープレックスギターが鳴り響く60年代サイケデリアにジャズ・トロピカリアがミステリアスに融合。

Wax Machine – Guardians Of Eden – (Batov Records)

Apollo Bebop – Spacey Love

カリフォルニア、サンタ・アナの5人組ジャジー・ヒップ・ホップ・クルー、Apollo Bebop(アポロ・ビボップ)の2021年シングルカット。レイドバック&スペイシーなジャジーヒップホップ。

Spacey Love

Swindle – DARKEST HOUR (feat. Poppy Ajudha & Daley)

イギリスのCameron Palmerによる人気エレクトロニック・グライム&ファンクプロジェクト、Swindle(スィンドル)の2021年アルバム『The New World』から、Poppy AjudhaDaleyがボーカル参加したSwindleらしいホーンアレンジが効いたメロウジャズ・ファンクトラック。

Swindle – DARKEST HOUR (feat. Poppy Ajudha & Daley) (Official Audio)

Yaya Bey – reprise 

NY、ワシントンD.Cを拠点にする新鋭ソウルボーカリスト、Yaya Beyの2022年作。ゆったりと流れるジャジー&メロウなネオソウル。

Yaya Bey – 'reprise' (Official Video)

 

Yaya bey / 洗練されたフェミニズム・ネオソウル
ニューヨーク・クイーンズ出身で現在はワシントンを拠点にするシンガーソングライター、Hadaiyah Beyのステージネーム、 Yaya Bey (ヤヤ・ベイ)。アコースティック、R&B、ソウル、ジャズをブレンドしたサウンドに力強いリリックと魅力的なボーカルと知性とセクシーさを兼ね備えた佇まいが非常に個性的なアーティスト。

 

Telemakus – Moondrive

カリフォルニア州サニーベール出身のジャジーヒップホップ、アヴァント・ガレージ・ジャズトラックメイカー、Telemakus (テレメイクス)。

独自路線のエクスペリメンタルなエレクトロニック・フュージョンが展開されるベイエリア・フューチャージャズ。センス抜群!

Moondrive

Jelly Cleaver – Cosmovisions

ロンドンジャズプレイヤーの新鋭、Jelly Cleaver(ジェリー・クリーバー)の2022年シングルカット。エスペランサ・スポルディングからカディア・ボネイあたりにも通じるミスティック・メロウジャズ。

Cosmovisions

Emily King – First Time

NY出身のポップ・ソウル・シンガーソングライター、 Emily King(エミリー・キング)の2021年作。しっとりとしたギター弾き語りによる、雨の日に心に染み入るフォーキー・ソウル。

Emily King – First Time (Official Audio)

Brandi Carlile – Throwing Good After Bad

現代アメリカンミュージックを牽引するBrandi Carlile(ブランディ・カーライル)の2021年アルバム『In This Silent Days』より。しっとり且つ力強いソウルフルなボーカルによるアコースティックナンバー。

Brandi Carlile – Throwing Good After Bad (Official Audio)

WONK – Umbrella

最後は世界に最も近い日本の4人組エクスペリメンタル・ソウルバンド、WONK(ウォンク)の2022年EP『artless』より、雨仕様メロウナンバー。

Umbrella

 

まとめ

雨の日に聴きたい メロウな梅雨時ソング でした。いかがでしたでしょうか。もし気に入った曲があればアーティストを深堀してみてください!