少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Indie

Lana Del Ray / 美しさと悲哀をまとったシンガー

更新日:

Pocket

アメリカ、ニューヨーク出身、現在はLAで活動するシンガーソングライター、 "Lana Del Ray"  ( ラナ・デル・レイ )。本名、Elizabeth Woolridge Grant(エリザベス・ウールリッジ・グラント)。

2008年頃からインディーでの活動を開始し、18歳でインディレーベル5 Points Recordsとレコーディング契約を締結、2010年1月に初めてのデジタルアルバム「Lana Del Ray aka Lizzy Grant」をリリース。2011年にメジャーレーベルのInterscope / Polydor(ポリドール)と契約し、2012年「Born to Die」をリリースし大ヒットを記録。

以来、1950年代~1960年代アメリカンシネマサウンドを切り取ったような独自性に溢れたオルタナティヴ/ポップを展開しポップスアイコンとして君臨、リリースアルバム全てが全米チャートNo1またはNo2を獲得するアーティストになりました。

彼女の右手には"trust no one"(信じるものはない)とタトゥが掘られているようですが、音楽性、歌詞ともに基本的に悲哀に満ちたもので、ダークネスな世界観を3プラスオクターブの特に中高音が美しいボーカルで表現しています。コケティッシュなビジュアルの美しさも手伝ってそのダークサイドに引き込まれてしまう魅力があります。

Discography(アルバム)

Lana Del Ray (2010)
Born to Die (2012)
Ultraviolence (2014)
Honeymoon (2015)
Lust for Life (2017)

過去のアルバムジャケットに映るLana Del Rayに笑顔は一切ありませんでしたが、最新作 Lust For Life のみ笑顔で映っていて、
「今までの作品は自分のために、この作品は他者(ファン)のために作成した」と公言しているように、やや内向から解放された作品になっています。

Review(レビュー)

その Lust For Life を中心にレビュー。第60回グラミー賞『Best Pop Vocal Album』ノミネート作品。

Love

1stカットシングル。雄大さを感じさせる60sポップ。

 

Lust For Life feat. The Weekend

R&B界No1スター、The Weekend(ザ・ウェークエンド)を60sダークネスポップの世界に引きずり込みつつ途中からThe Weekendの世界に引き戻されているような感覚が面白い。

 

Summer Bummer feat. A$AP Rocky, Playboi Carti

ここにきてラッパー、エイサップ・ロッキーをフィーチャー。アルバム全体的にR&B、ヒップホップを意識していますね。時代のせい?

 

In My Feelings

この曲はもう最近のR&Bです。

 

Get Free

アルバムの中の一番のお気に入りですが・・・


Radiohead "Creep"に類似しているとレディオヘッド側から訴えられているいわくつき。まぁ、訴えられるレベルだよね。

 

West Coast

アルバム「Ultraviolence」からお気に入り。

 

Summertime Madness ( Lana Del Rey Vs. Kool And The Gang)

Lana Del Reyの代表曲、"Summer Sudness"とKool&The Gangの名曲"Summer Madness"が合体!

 

まとめ

美しさと悲哀とダークさをまとったシンガー"Lana Del Ray" ( ラナ・デル・レイ )でした。

最新作「Lust For Life」の試聴はこちらから。


洋楽ランキング

-Indie
-

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。