Tkay Maidza / オーストラリア注目のヒップホップアイコン

Tkay MaidzaHip Hop
Pocket

ジンバブエ生まれでオーストラリア、アデレードを拠点にするシンガーソングライター、ラッパー、Takudzwa Maidzaのステージネーム、 Tkay Maidza (ティケイ・マイザ)。

南オーストラリア大学で建築を学んだが、専任のミュージシャンになるために学業を中断。2013年に17歳でシングル「Brontosaurus」をリリース。

現代的トラップビートとUKグライムを融合させた強力なトラックと、彼女のルーツを感じさせるやや癖の強いフロウでたちまちシーンにインパクトを与え、2015年にセルフタイトルアルバム『TKAY』をリリース。

国内チャートはもとより、世界でもその名が知れ渡るようになり、BETアワードで最優秀国際アクトへのノミネート、Mark Ronson、Charli XCX、Rita Ora、RL Grimeらのツアーサポートするなど注目度が一段と高くなった感があります。

その後も自身を忠実に表現するためのミックステープ『Last Year Was Weird』シリーズを2018年(Vol1)、2020年(Vol2)、2021年(Vol3)にリリース。

PitchforkやNMEなど主要音楽メディアから高く評価されており、欧米シーンでの露出も多くなってきています。

ダイナミックなトラップビートから最近ではポップな領域まで自在にカバーするトラックに大胆さと乙女らしさも表現するユニークなバランスのラップ、ボーカルが魅力的です。

DUCKWRTH、JPEGMAFIA、Kari Fauxら新進気鋭のクリエイターたちともコラボを果たす注目のオージーラッパー、Tkay Maidzaの作品をレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

Tkay Maidza : レビュー

Last Year Was Weird Vol.3』より。UMIをフィーチャーした90年代R&Bテイストなメロウトラック。

Tkay Maidza, UMI – Onto Me (Official Video)

 

シドニーのDJ、プロデューサーのYoung Francoとの2021年作マッシュアップ。切れ味の良いエレクトロバウンスなダンサブルチューン。

Young Franco, Tkay Maidza – Real Nice (H.C.T.F.) ft. Nerve (Official Video)

 

You Sad

2020年ミックステープ『Last Year Was Weird, Vol.2』より。

ボッサ風アレンジを施した今までのイメージを覆した柔らかな遊び心のあるポップな路線がイイですね。

Tkay Maidza – You Sad (Official Video)

 

Don’t Call Again feat. Kari Faux

アメリカの注目ラッパー、Kari Faux(カリ・フォー)とのコラボによるアンニュイな雰囲気のKali UchisっぽいガールズR&Bチューン。

Tkay Maidza – Don't Call Again ft. Kari Faux

 

 Shook

UKグライムの要素を取り入れたシャープ且つパワフルな作り。おススメです。

Tkay Maidza – Shook (Official Video)

 

U-Huh

2014年EP『Switch Tape』より。トラップビートにポップさを程よく加えたパーティトラック。

Tkay Maidza – U-Huh

 

Martin Solveig – Do It Right

フランスの人気DJ、プロデューサー、マーティン・ソルヴェイグの2016年作でボーカルフューチャー。

Martin Solveig – Do It Right (Official Video) ft. Tkay Maidza

 

まとめ

オーストラリア注目のヒップホップアイコン、 Tkay Maidza (ティケイ・マイザ)でした。

音楽シーンはもとより、Tommy Hilfiger、Coca-Cola、Nikeなどの世界的ブランドとのコラボレーションも行っていて、ファッション業界でも注目度が高まってきそうな存在で、よりメジャーなステージでの活躍が期待されます。