Harvey Sutherland / 注目のオージー・エレクトロニックブギー

Harvey SutherlandElectronic
Pocket

オーストラリア、メルボルンのアンダーグラウンド・エレクトロニックプロデューサー、 Mike Katz(マイクカッツ)のソロプロジェクト、 Harvey Sutherland (ハーヴィ・スザーランド)。

2013年3曲EP『Low Attitude』によりシーンに登場し、80年代後半から90年代前半のNYハウスのようなアンダーグラウンド感満載なハードウエアとシンセサイザーを駆使したエレクトロニックブギーの使い手としてGilles Petersonらからも注目される存在に。

自身のレーベル「Clarity Recordings」を2016年に立ち上げ、2017年には来日も果たしていて、いまブレイク中のテキサスのファンクバンド、KhruangbinのUK/EUツアーサポートもしていました。

最近ではNubya Garciaとのコラボレーションやメルボルンのクロスオーバージャズシーンとの繋がりも見えるようなフューチャー・ジャズ的なアプローチも多くなってきたように思います。

2022年4月には初のフルアルバムとなる『Boy』をリリース。

シンセを多用した煌びやかでコズミック、レフトフィールド的なエレクトロニックブギー&ディスコは一度聴いたら癖になる、機械的だけど暖かみとオーストラリア的大らかささえ感じる独特のグルーヴ感をぜひ体感してください。

スポンサーリンク

Harvey Sutherland : レビュー

Feeling Of Love Ft. DāM-FunK

アルバム『Boy』より、ブギーファンクマスター、DaM-Funkとの米豪対決実現!

Harvey Sutherland — Feeling Of Love Ft. DāM-FunK — Official Video

Type A Ft. sos 

メルボルンのパンクトリオ、CLAMMのJack Summersをフィーチャーした70年代エレクトロブギーとサイケが交錯するハイパーモダンエレクトロファンク!これはカッコいいですね!

Harvey Sutherland — Type A Ft. sos — Official Video

Superego

遊び心のあるブリブリのシンセベースと浮遊感のある高音シンセがP-ファンク的に絡み合うニューロティック・ファンク。

Harvey Sutherland — Superego

 

Amethyst feat. Nubya Garcia

ロンドンジャズシーンを代表する女流サックス奏者、Nubya Garciaをフィーチャーしたエレクトロニック・クロスオーバー!

Harvey Sutherland — Amethyst — Official Video

 

I Can See

乱打するドラムにゆったりとしたシンセとストリングスが絡むHarvey Sutherland的なフューチャージャズ。

I Can See

 

Inkswel – Outer Space Connection

オーストラリアのビートメイカーInkswelと、サウスロンドンの鬼才シンガーSteve Spacekとの共作で、Inkswelのアルバム「Unity 4 Utopia」より。

ノスタルジックなミニマムディスコ的Harvey SutherlandサウンドにダンディなSteve Spacekのボーカル、どこかジャジーなフレイバーが散りばめられた渋めの一曲。

Outer Space Connection

 

Tycho – For How Long (Harvey Sutherland Remix)

リミックスワークを2曲。

グラミーノミネート経験もあるサンフランシスコを拠点にするエレクトロ・プロジェクト、Tychoの透明感のあるダウンビート系チルウェーヴを、ソリッドなビートのオシャレなハウスサウンドにリミックス。

Tycho – For How Long (Harvey Sutherland Remix) [Official Audio]

 

Disclosure, Kelis – Watch Your Step (Harvey Sutherland Remix)

ディスクロージャーの最新作、『Nenergy』のKelisをボーカルに迎えた『Watch Your Step』を、スムースなトラックにノスタルジック感のあるシンセを絡ませたブギーチューンに仕上げてます。

Disclosure, Kelis – Watch Your Step (Harvey Sutherland Remix / Audio)

 

まとめ

注目のオージー・エレクトロニックブギー、Harvey Sutherland(ハーヴィ・スザーランド)でした。

クラカルなハウスビートにJUNO60のシンセが伸びやかに絡むディスコブギーから、最近ではクロスオーバー・ジャズのアプローチへと表現の幅を広がひろがってきているようで、オーストラリア内だけでなくロンドンジャズシーンにおいても注目度が高まっている存在です。

リミックスワークもセンス抜群でその方面でも活躍していきそうですね。