Dornik / クリアな旨味が凝縮されたオルタナティヴR&B

DornikR&B
スポンサーリンク
Pocket

南ロンドン、ロクイドン出身のシンガーソングライター、ドラマーの Dornik (ドーニク)。

The Internetシド・ザ・キッドへの楽曲提供や、ジェシー・ウェアへのドラマーとしてのライブサポートなどを経て、そのジェシー・ウェアディスクロージャーが在籍するイギリスのレーベルPMRから2015年セルフタイトルアルバム『Dornik』でデビュー。

 

このデビューアルバムが個人的に非常にツボだったのですが、一定の評価はありつつも大きくブレイクすることなく月日が経ち、あれから5年、ようやく2ndアルバム『Limboland』が2020年5月リリースされました。

前作『Dornik』から踏襲される透明感と浮遊感のあるサウンドと、憂いさと甘さが交錯するDornikのボーカルと空気感のようなものが、The WeekendFrank Oceanを掛け合わせつつ、不純物をろ過したようなクリアでありながらも旨味凝縮のオルタナティヴ/インディR&Bといったところ。

その2ndアルバム『Limboland』を中心に前作おススメ曲もあわせて聴いていきます。

 

スポンサーリンク

Dornik : レビュー

Do You Wanna? feat. Gavin Turek

Limboland』より。

80年代後半のニュージャックスィングをセンス良くアレンジしたバウンシーなダンサブルトラック。

Tuxedoとも関わりのあるLAの注目シンガー、Gavin Turekをフィーチャー。

Do You Wanna? (feat. Gavin Turek)

 

 

Temptation feat. Zelly One

Limboland』より。

Dornikらしい浮遊感のあるオルタナティヴR&B~ブギートラック。

同郷、サウスロンドンのプロデューサー、ラッパー、Zelly Oneをフィーチャー。

Temptation

 

 

 

Limboland

アルバムタイトルトラック。

前作のDriveSomething About Youから通ずるスペイシーなエレクトロミッドチューンに、Zo!The Foreign Exchangeなどで活躍するシンガー/ラッパー、Phonte(フォンテ)のラップが響き渡る。

Limboland

 

Drive

前作『Dornik』よりおススメ。

ギターリフが効いたクリアで透明感のあるサウンド、憂い感を漂わせる美しいファルセットボイスのバランスがサイコーにグルーヴィ。

Dornik – Drive (Official Audio)

BBNGがリミックスするバージョンも!!!

 

 

Strong

こちらも前作『Dornik』からオープニング曲。

オープニングからハイテンポなドラムビートとキラキラしたシンセティックなメロディーが貫かれたパワートラック。こういうトラックでも品の良さが感じられる良作。

Dornik – Strong

 

 

 

まとめ

クリアな旨味が凝縮されたオルタナティヴR&B、 Dornik (ドーニク)でした。

アルバム『Limboland』では、トム・ミッシュとも共演するUKのラッパー、Barney ArtistThunder CatDr. DreFlying Lotusらとも共演しているTaylor Gravesなど多彩なゲストとのコラボも聴きどころ。

PMRから独立してインディペンデントでのリリースですがかなりの意欲作です。持ってて損ナシの一枚ですよ!