【洋楽にも合う!】 80年代 ジャパニーズ・ シティポップ 7選

AOR
Pocket

Suchmosや土岐麻子、Nulbarich、Alfred Beach Sandal等、日本の次世代シティポップの人気も盛り上がっている昨今ではありますが、ここ数年世界からも注目を集めている 80年代ジャパニーズ・ シティポップ 。

古くはGilles PetersonからEd MottaBreakbot等々、有名DJやコレクターも熱心にコレクションしていますし、You TubeやSoundcloudで検索すれば沢山のシティポップミックスがアップされています。

そんな日本のシティポップから、洋楽のAORやインディポップと混ぜても違和感ない、洋楽中心のBGMにも溶け込みつつ「シティポップ感」を程よく主張してくれるおススメの曲、7曲をご紹介します。

その前に…

そもそもシティポップって?

シティポップとは、洋楽のニューソウル、R&B、ジャズ、フュージョン、アメリカ西海岸のAOR(アダルト・オリエンテッドロック)にインスパイヤされた都会的なサウンドを前面に出したポップス。というのがざっくりとした捉え方であろうと思います。

日本のアーティストではティンパン・アレーやシュガー・ベイブから派生し、山下達郎や大瀧詠一、竹内まりや、大貫妙子等々…たしかに洋楽的な様式、雰囲気を持った音楽性のアーティストが良く言われるシティポップ枠ではありますが、もう少し広くとらえるとアイドルやアニメものまでをも包含する一大音楽ジャンルと言えます。

 

シティポップの基礎知識としても、あなたのプレイリストにも新たに追加してもらいたい曲7選をご紹介します。

 

80年代洋楽AOR特集はこちら

【オススメ】洋楽 AOR 隠れた名曲7+1選
今回は70年代から80年代にかけて、とくにアメリカ西海岸を中心に世界的なムーブメントとなり多くの名盤を世に送り出してきた AOR (アダルト・オリエンテッド・ロック)の中でも王道と言われる曲からちょっとだけハズれた、隠れた(ん?隠れてはない...

 

スポンサーリンク

#1  Merry-Go-Round / 山下達郎 (1983)

定番、山下達郎、アルバム「Melodies」より。夏の曲のイメージが強いですが、カーティス・メイフィールドやアイズレイブラザースなどこの時代の海外ソウル系アーティストからかなり強く影響を受けていますよね。この曲もソウルエッセンスと山下達郎のポップスセンスが融合した良曲。

Tatsuro Yamashita – Marry-go-Round (メリー・ゴー・ラウンド)

 

#2  Telephone Number / 大橋純子 (1984)

イントロからのサビが高揚感があって素晴らしい大人のシティポップ。

Junko Ohashi (大橋純子) – Telephone Number

 

▼邦楽ダウンロードならレコチョク▼

#3  Wave / 山根麻衣 (1980)

これはイイですね。かなりレベルの高い良質なメロウ・メディアムグルーヴ。ハスキーな山根麻衣の歌声も哀愁があります。

Mai Yamane – Wave

 

#4  I’m Glad To Be Back / Marlene (1985)

(個人的にですが)懐かしい!フィリピンからの歌姫!ジャズシンガーらしいさすがの歌唱力。

I'm Glad To Be Back

 

 

#5  都会 / 大貫妙子 (1978)

すみません。この曲は70年代ですがエントリー。誰とは言いませんが、この曲も聴くとすぐわかる思いっきりソウルベースなシティポップです。アレンジ・坂本龍一、ベース・細野晴臣。

Taeko Onuki (大貫妙子) – 都会

 

#6  Love Trip / 間宮貴子 (1982)

「真夜中のジョーク」と並ぶシティポップの名作。この時代の景色が浮かんでくるジャジー・アーバン・メロウグルーヴ!

Love Trip – Takako Mamiya [ 間宮貴子 ] – 1982 – Full Album

 

#7  Melody For You / 角松敏生 (1985)

そしてトリはこの人。リゾートシティポップの帝王。メロウシティポップの傑作。こうやって改めて聴いてみると「If You Wanna Dance Tonight」もそうですが、結構ファンク色が強い曲作りしてますね。

toshiki kadomatsu – melody for you

 

まとめ

BGMとしておススメする 80年代ジャパニーズ・ シティポップでした。

この時代リアルタイムで聴いていたりすると、なんとなくどこか気恥ずかしさがあったりしますが、その気恥ずかしさを楽曲のクオリティの高さで乗り越えている曲をご紹介しました。

今の人や外国人からするとそんな気恥ずかしさなんてなく、新鮮に聴こえたりするんですかね。