Ty Dolla Sign / ヒップホップ界唯一無二の名コラボレイター

ty dolla signHip Hop
Pocket

ロサンゼルス出身のヒップホップシンガー、プロデューサーのTyrone William Griffin Jr.のステージネーム、  Ty Dolla SignTy Dolla $ign = タイ・ダラー・サイン)。

数々のヒップホップアクターのコラボレイターとして、あるいはソロシンガー(自身はラッパーではないと言っているので)としてこの10年のヒップホップシーンで必要不可欠、唯一無二な存在となりました。

父親は70年代から80年代に活躍したファンクバンド、Lakeside(レイクサイド)の1983-1997までツアーメンバーとして活躍したミュージシャン、Tyrone Griffin sr(タイロン・グリフィン・シニア)で、幼少のころからベース、ドラム、ギター、MPCなどを学び、20代前半(2000年代前半)から音楽活動を開始。

2008年にTy&Kory名義でRaw&Bangin Mixtape Vol 2をインディレーベルよりリリース、しかし2000年代は今ひとつ注目はされず、鳴かず飛ばずの状態でしたがLAコンプトンのラッパーYGへのプロデュース曲『Toot It and Boot It』で注目され、その後Iggy AzaleaChris BrownのプロデューサーでもあるFuegoをプロデューサーに迎えた『All Star』、Young Jeezyとの『My Cabana』、Wiz KhalifaのレーベルTaylor Gang Entertainment(アトランティックレコード傘下)と契約し『Beach House – EP』シリーズ3作の成功によって完全なる地位を確立したと言えます。

2015年にはKendrick Lamar、Brandy、Trey Songz、 Kanye West、Puff Daddy、Wiz Khalifaなどなど、超豪華ゲスト陣を迎えたデビューアルバムとなる『Free TC』をリリース。

しかしなんといっても彼の魅力は様々なアーティストへの客演での仕事ぶりではないでしょうか。

Post Malone、Nicki Minaj、Christina Aguilera、Fifth Harmony、Chris Brownなどなど数多なアーティストの客演で魅せる唯一無二の独特な歌いまわしと声は、楽曲に程よい調味料的エッセンスと安心・安定感のようなものを吹き込みます。

そんな彼のフィーチャー仕事人的な一面を前面に出したその名も『Featuring Ty Dolla $ign』が2020年10月リリース。

彼の今までの足跡を辿るかのような数々のゲストとの歌(ラップ)合戦的な内容となっています。

 

スポンサーリンク

Ty Dolla Sign : レビュー

 Spicy feat. Post Malone

Featuring Ty Dolla $ign』から4曲。

YouTube8億回再生、全米2位の大ヒットとなった『Psycho』でのポスト・マローンとのコンビ再び。

Ty Dolla $ign – Spicy (feat. Post Malone) [Lyric Video]

 

Real Life feat. Roddy Rich

Bacc Seat』でコンビネーションを見せていた新鋭ラッパー&シンガーRoddy Richとの再共演はDJ Mustardプロデュース。

Ty Dolla $ign ft. Roddy Ricch "Real Life" (Music Video)

 

By Yourself feat. Jhené Aiko

こちらもDJ Mustardプロデュースらしいトラップビート・コンテンポラリーR&Bではジャネイ・アイコ姉さんと共演。

Ty Dolla $ign – By Yourself (feat. Jhené Aiko & Mustard) [Lyric Video]

 

 

Ego Death feat. Kanye West, FKA twigs & Skrillex

グラミーノミネートされた『Midnight Hour』でのSkrillexとのコンビが再び。そこにカニエFKA twigs(!)も参戦したアルバム唯一のエレクトロニック系サウンド。

Ty Dolla $ign – Ego Death (feat. Kanye West, FKA twigs & Skrillex) [Official Visualizer]

 

SZA – Hit Different

ここからは他のアーティストへの最近の”Featuring Ty Dolla Sign”を3曲。

SZA待望の2020年最新シングルに登場。プロデュースはなんとザ・ネプチューンズ。

SZA – Hit Different (Official Video) ft. Ty Dolla $ign

 

Warren G – And You Know That

久々の活動といった感のあるウォーレン・Gの2020年シングルでの共演。ウォーレン・Gと時代を代表する客演職人による共演というところがネイト・ドッグとの『Regulate』を思い起こさせて泣かせます。

Warren G – “And You Know That” feat. Ty Dolla $ign (Official Lyric Video – WSHH Exclusive)

 

Megan Thee Stallion – Hot Girl Summer

2019年作の大ヒットサマーアンセム。タイ・ダラー・サインのボーカルが安定剤のようにこのダイナマイト二人を中和させています。

Megan Thee Stallion – Hot Girl Summer ft. Nicki Minaj & Ty Dolla $ign [Official Video]

Megan Thee Stallionの記事はこちら▼

Megan Thee Stallion / スターダムまっしぐらな"HOT GIRL MEG"
テキサス州ヒューストン出身のフィメールラッパー、 Megan Thee Stallion (ミーガン・ジースタリオン)。2019年瞬く間にスターダムに上り詰めた彼女。新作、『SUGA』も絶好調でアメリカンなヒップホップスターダムの王道を突き進んでいきそうな感じですね。

 

Alone For Christmas

Kiana Ledéとの共作による2020年クリスマスソング。クリスマス・オムニバスアルバム『Still Home For The Holidays』より。

Ty Dolla $ign (feat. Kiana Ledé) – Alone For Christmas [Official Audio]

アルバムはこちら

 

まとめ

ヒップホップ界唯一無二の名コラボレイター、Ty Dolla Signタイ・ダラー・サイン)でした。

90年代のNate Dogg、00年代のAkon、10年代以降のTy Dolla Signと、ヒップホップ界の客演職人、名コラボレイターはそれぞれの年代を代表する存在がいますね。

また彼は客演だけでなくChordz 3D、Buddah Shampoo、Fuego、DJ Dahi、DJ Mustardらと制作チーム『DRUGS』としても活動しており、プロデューサー業でも注目したい存在です。