Lianne La Havas / カラフルでオーガニックな極上ネオソウル

Lianne La HavasNeo-Soul
スポンサーリンク
Pocket

ギリシャ系の父と、ジャマイカ人の母を持つイギリスのシンガーソングライター、マルチインストルメンタリストであるLianne Charlotte Barnesのステージネーム、 Lianne La Havas (リアン・ラ・ハバス)。

数々のアーティストのバックコーラスを経て2010年大手レコード会社、ワーナーブラザーズと契約。

2012年ファーストアルバム『Is Your Love Big Enough?』でデビュー。シングルコイルギターの音色が美しいオーガニックな世界観が反響を呼び、全英4位、Frank OceanMichael KiwanukaA$AP Rockyらととも、BBC “Sound Of 2012“にノミネート。

2015年『Blood』は自身のルーツを意識したジャマイカとギリシャの血統へのオマージュとして作られ、よりソウルフルでダイナミックなネオソウルへと昇華させた素晴らしいもので各音楽メディアからも高い評価を受け、2016年グラミー賞「最優秀アーバンコンテンポラリーアルバム」にもノミネート。

そして待望の3rdアルバム『Liana La Havas』と、自身の名前を冠したセルフタイトルアルバムが7/17にリリースされます。

気持ちよく爽快に広がる、カラフルでオーガニックな世界観は今回もより磨きがかかっているようで非常に期待が持てます。

制作は1stからの盟友Matt HalesのほかにBeni GilesMura Masaもプロデューサーとして参加。

この最新アルバム『Liana La Havas』からの先行カット中心に聴いていきましょう。

 

スポンサーリンク

Lianne La Havas : レビュー

Can’t Fight

ギターを前面に出したメロディアスなR&Bテイスト。Mura Masaが共同プロデュース。

Lianne La Havas – Can't Fight (Official Music Video)

 

 

Paper Thin

オーガニックに、そしてセクシーに展開する現在30歳になる彼女の大人な側面を漂わせるシルキーフォーク・ソウル。

Lianne La Havas – Paper Thin (Official Music Video)

 

 

Weird Fishes

ロックグループ、レディオヘッドの2007年作『Weird Fishes』をシンプルでソウルフルに仕上げた極上カバー。

Weird Fishes

 

 

Bittersweet

ピアノとギターコードがゆったりとした流れを作るビンテージ感を漂わせるネオソウル。

Lianne La Havas – Bittersweet | A COLORS SHOW

 

 

Green & Gold

前作『Blood』より。

全体から力強さを感じるバックトラックに自身のアイデンティティ、母親のジャマイカの旗の色、ギリシャの父親、そしてロンドンで育った自身についてを歌い上げる名曲。

Lianne La Havas – Green & Gold (Official Music Video)

 

 

What You Don’t Do (Tom Misch Remix)

こちらも『Blood』より。

doo-wopとJazzの要素を取り入れた60年代っぽい雰囲気を纏うオリジナルも良いですが、このトムミッシュによるリミックスも涼しげなギターサウンドに仕上がっていて素晴らしい。

Lianne La Havas – What You Don't Do (Tom Misch Remix)

オリジナル

Lianne La Havas – What You Don't Do (Official Music Video)

 

 

まとめ

カラフルでオーガニックな極上ネオソウル、Lianne La Havas (リアン・ラ・ハバス)でした。

前作、『Blood』が傑作だったので本作も期待が高まるばかりですが、現時点で先行カットされている4作を聴く限り極めてレベルの高い、前作をしのぐ出来栄えの予感がしますね。これは確実に良い仕上がりになってそうです!