Fana Hues / メロディックなサイケ・ネオソウルシンガー

Fana HuesNeo-Soul
Pocket

カリフォルニア州パサデナ出身のシンガー、ソングライターの Fana Hues (ファナ・ヒューズ)。

1995年音楽一家の家に生まれ、両親のミュージシャン、兄弟もラッパーやミュージシャンで幼いころから歌、バイオリン、父親からベースを学びミュージカルシアターグループの一員としても活動。

20代からソングライティングを開始しカリフォルニアのインディレーベル、Bright Antenna Recordsと契約。

2020年に『Notice Me』でデビュー。

緻密でグルーヴィーなレトロ・サイケソウルなアプローチやソフトなアコースティックプロダクションが注目され、Earl SweatshirtTyler, The Creatorといった今を時めくヒップホップクリエイターからコラボレーションオファーを受け順調にキャリアをスタート。

2021年末、デビューアルバム『Hues』をリリース。2022年3月には早くも2ndとなる『Flora + Fana』がリリースされています。

スポンサーリンク

Fana Hues : レビュー

BAD bad

Flora + Fana』からのファーストカット。レトロな雰囲気漂うサイケデリックソウル。

Fana Hues – "BAD bad" (Official Video)

 

Moscato

同じく『Flora + Fana』より。シルキーで温かみのあるアコースティックソウル。

Fana Hues – "Moscato" (Official Lyric Video)

 

Icarus

デビューアルバム『Hues』より。Solangeあたりと通じるレトロ感、サイケ感に女性らしいファンシーさ絶妙に加わった作品。

Fana Hues – Icarus

 

Tyler, The Creator – I THOUGHT YOU WANTED TO DANCE

Tyler,The Creatorの2021年名盤『Call Me If You Get Lost』にもフィーチャー!

Tyler, The Creator – I THOUGHT YOU WANTED TO DANCE (ft. Fana Hues)

メロディックなサイケ・ネオソウルシンガー、 Fana Hues (ファナ・ヒューズ)でした。

エリカ・バドゥから脈々と受け継がれるネオソウルにロック、サイケデリア、ヒップホップをメロディックにブレンドさせた、レトロだけど新しい表現ですね。