Yuna / マレーシア発の癒し系R&Bシンガー

YunaR&B
Pocket

マレーシアの首都クアラルンプール出身のR&Bシンガーソングライター、 Yuna (ユナ)または YUNA ZARAI。

本名はYunalis binti Mat Zara’aiで、父親の影響でアメリカのロック、ポップ、ブルース、ジャズを聴いて育ち、14歳頃から英語によるソングライティングを開始。

その後ロースクールに通いながらライブ活動やSNSで楽曲をアップロードしたところ、100万回以上の再生回数を記録し、NYのインディレーベルFADERとの契約へと繋がり、2008年EP『YUNA』を経て2011年EP『Decolate』で世界デビュー。

2008年EP『YUNA』に収録の「Deeper Conversation」がマレーシアのグラミー賞で最優秀楽曲賞を受賞し国内ブレイク。また2011年EP『Decolate』からは「Rocket」がバイラルヒットとなり各メディアやヒップホップ界の大物Russell Simmonsから絶賛され、アメリカでも一定の評価を獲得。

ポップ、フォーク、R&B、ジャズを有機的にブレンドした楽曲に、YUNAの表現力豊かで優しいボーカルは、Feist、Norah Jones、Jhene AikoRaveenaにも通ずる癒しと洗練さを感じさせるもの。

2012年1stセルフタイトルアルバム『YUNA』ではPharrell Williamsプロデュースの「Live Your Life」をはじめ彼女の魅力が詰まった作品となり、ビルボード・ヒートシーカーズ・チャートでトップ20にランクイン。

その後もアルバムごとに洗練さが増し、Tyler The CreatorLittle SimzG-EASYJhene AikoPink Sweat$らとの共演を重ねアメリカデビューから10年を迎えた2022年5作目となるアルバム『Y5』が秋ごろリリース予定で、2022年3月EP『Y1』を皮切りにY5に繋がる作品のEPリリースが続いています。

ということでY5が出る前に予習していきたいと思います。

スポンサーリンク

Yuna : レビュー

Risk It All

EP『Y3』より。爽やかでジューシーな夏色R&BポップとYUNAの可憐なボーカルが魅力的。

Yuna – Risk It All (Official Music Video)

Make A Move

EP『Y2』では夜っぽさが漂うミディアムメロウ。

Yuna – Make A Move (Official Video)

 

Pantone 17 1330

EP『Y1』より。グルーヴィーなベースラインが印象的なスムース・ファンクチューン。

Yuna – Pantone 17 1330 (Official Music Video)

 

SHAUN,YUNA – So Right

こちらは恐らく『Y5』には収録されないと思われますが、韓国のプロデューサー、DJのSHAUNとのアジアコラボレーション2022年作。

숀 (SHAUN) – So Right (feat. Yuna) [Official Audio]

 

前作『Rouge』より。Little Simzとのコラボレーション。

Yuna, Little Simz – Pink Youth

 

マレーシア発の癒し系R&Bシンガー、 Yuna (ユナ)。

恐らくマレーシア人でここまでの世界的なアーティストは初めてでしょうね。大きなメジャーブレイクまでは至っていませんが、しっかりとR&Bシーンでの地位を確立しているYUNAでした。