【定番】最近のCMソングで使われた 80年代洋楽ポップス 7選【懐かしい】

80年代洋楽ポップス洋楽ライフ
スポンサーリンク

2010年以降の比較的最近のCMソングで使われていた、王道的で40代以上の方には懐かしい”80年代洋楽ポップス“をお送りします。

広告代理店や出稿企業の主要ポストに就いている人の年代が、40代後半から50代というところも影響しているのかもしれませんね。

また、商品ターゲットがその年代になる車やアルコール飲料などは「聴覚訴求」の面で必然的に選ばれやすい、ということも言えるでしょう。

40代以上は誰もが知っている王道でキャッチーな洋楽ポップスを懐かしんで、若い世代の人には原曲を好きになってもらうための7曲です(順不同)。

 

スポンサーリンク

 80年代洋楽ポップス : 7選

Freddie Mercury – I Was Born To Love You (1985)

クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの1985年ソロ作。クイーンの作品は特に映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットもあってCM曲にはかなりの頻度で使用されてますね。

その中でもこの曲のパワフルさ、なんだかやたら前向きになれる出だし、脳内リフレイン『力』がハンパないサビ、と出色の出来。

やはりカップヌードルのCM歌詞入替が非常に印象的。最近ではスバル『インプレッサ』のCMで使われています。

Freddie Mercury – I Was Born To Love You (Official Video Remastered)
日清 カップヌードル CM Freddie Mercury 30秒版
インプレッサ:WEB movie「人生を輝かせるクルマ」篇

 

Bryan Adams – Run To You (1984)

80年代を代表するカナダのロックスター、Bryan Adams(ブライアン・アダムス)の84年作。

少し前ですが、スズキ「SWIFT」のCMで使われていました。他にもあった気がしたのですが思い出せず。

Bryan Adams – Run To You (Official Music Video)
スズキ スイフト TVCM|2014 杏「STYLE WINDING」篇

 

Huey Lewis And The News – The Power Of Love (1985)

80年代アメリカンロックの大人気バンド、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの85年作。

CMというよりも映画『Back To The Future』のサントラとしておなじみですね。

最近では稲垣吾郎香取慎吾によるサントリー『オールフリー』のCMで使われてました。

Huey Lewis & The News – The Power Of Love (Official Video)
稲垣吾郎&香取慎吾「オールフリー」CM「生きてるっ!」篇(30秒)

 

 

Wham! – Freedom (1985)

80年代UKポップの頂点に君臨していたデュオ、ワム!

どの曲もポップセンス抜群な80年代を代表するようなヒット作を多数世に残しているので、当然CMでもよく使われています。

最近では『フリーダム』が菅田将暉出演の『アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』のCMで使われていました。

Wham! – Freedom (Long Mix) [Official Audio]
Asahi SHUNREI KARAKUCHI アサヒ瞬冷辛口 CM 「もうひとつのスーパードライ。瞬冷辛口」篇 15秒

 

Billy Joel – Uptown Girl (1983)

ビリージョエルの楽曲の中でも珍しいアーリー60’sを思わせるレトロなポップソング。非常に聴きやすいポップな曲でしたね。

この曲は60年代のブルー・アイド・ドゥワップ・グループである、Frankie Valli & The Four Seasonsへのオマージュが込められたもの。

CMでは2017年のスズキ「スペーシア」で使われていました。

Billy Joel – Uptown Girl (Official Video)
【スズキ・スペーシア CM】-軽自動車編-

 

Cyndi Lauper – Girls Just Want To Have Fun (1983)

シンディローパーのデビュー曲にして世界的大ブレイクした曲。日本語タイトル『ハイ・スクールはダンステリア』

パワフルで明るく、チャーミングなキャラクターと曲は、マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」と二分する人気曲で、当時街中どこでもこの曲が流れていた・・・そんな印象です。

CMではサントリーチューハイ「カロリ。」で使われてました(カバー)。

Cyndi Lauper – Girls Just Want To Have Fun (Official Video)
佐々木希 YOU CM カロリ。 フルーツ市場篇 サントリー チューハイ

 

Boys Town Gang – Can’t Take My Eyes Off You (1982)

ディスコの王道、日本でも大ヒットした誰もが一度は聴いたことのある曲。日本語タイトル「君の瞳に恋してる」ですね。

この曲は前述のビリー・ジョエルでもでてきたFrankie Valli(フランキー・ヴァリ)が1967年にリリースしたポップススタンダードのカバー。

オリジナルよりこの1982年のカバーのほうがインパクトあって「80年代」をイメージさせる曲になってますね。

CMでもY!Mobileで1980年代にタイムスリップする曲として使われています。

Boys Town Gang – Can't Take My Eyes Off You
桐谷美玲がディスコでダンス!/Y!mobile CM「1980SHOCK」ディスコ編

 

 80年代洋楽ポップス : まとめ

最近のCMソングで使われた80年代洋楽ポップス7選でした。

CMとセットで聴いてみると、また違ったこの年代のポップスの魅力を感じられますね。

また見つけたらこのページで更新していこうと思います。

あわせてこちらの記事もおススメ。

▼90年代の曲でCMで使われている定番洋楽ソングはこちら▼

【90年代】CMで使われている 定番洋楽ソング 7選
『洋楽を使ったCMソング』をテーマに今回は、【90年代】CMで使われている 定番洋楽ソング 7選と題して、CMで使われていた1990年代の定番曲を振り返ってみます。当サイトでは車のCMで使われていた洋楽ソングを紹介しましたが、今回は年代でソートしてみました。

▼カッコイイ車のCMソングはこちら▼

【カッコイイ】 洋楽CMソング 【クルマ編】
仕事もプライベートも在宅の日々で、最近は家でテレビを観る機会が増えてる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時テレビからふと聴こえてくる、なんかかっこいい『 洋楽CMソング 』を特集します。今回は『車』のCMをテーマに最近のCM&洋楽中心(ちょっと邦楽)でお送りします。なんとなく気になっていた曲が解明できるかも。車メーカー別でみていきましょう。