Tim Lyre / 現代アフロフュージョンの担い手

Tim LyreWorld
Pocket

ナイジェリア、ラゴス出身のアフロ・フュージョン・シンガーソングライター、マルチインストゥルメンタリスト、プロデューサー Tim Lyre (ティム・リラ)。

2012年にプロデュースとレコーディングを始め、2016年に「Mornings」でデビュー。

2019年には、MOJO、Ronehi、Tena Tenpo、L.K、Cubix、Masiano、Code 6とともにラゴスのサウンドコレクティブ、Chop Life Crewに加わり、ラゴスをベースに本格的なミュージシャン活動を開始。

EP『inDigo.』『Senpai』をはじめChop Life Crewらとともに数々の楽曲をリリース。

ハイライフ、アフロビート、ジャズ、R&B、ネオソウル、ヒップホップ、レゲエがクロスオーバーした、ナイジェリア・アルテシーンの中でも前衛的なアフロ・フューチャーサウンドが特徴です。

2020年以降も多くの楽曲をリリースしその表現に磨きをかけていますが、2022年3月デビューアルバム『Worry <』がリリースされ、現時点での彼自身やアフロフュージョンミュージックの方向性を示した内容となっていますので、ここでレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Tim Lyre : レビュー

Real

ネオソウルとレゲエリディムを織り交ぜたゆったりとしたサウンドに、ラゴスの風景のMVも合わせてモダン・アフリカンな一曲。

Tim Lyre – Real (Official Music Video)

 

Hubris feat. Lex Amor 

ダウンテンポなナイジェリアンアルテにLex Amorのつぶやき系フロウがセンス良くフィットしていますね。

Tim Lyre – Hubris (ft. Lex Amor) (Official Visualiser)

 

Highlife feat. Lady Donli

ナイジェリアのオルタナティブミュージックの先駆者Prettyboy D-OLady Donliをフィーチャーした、名前もズバリなハイライフサウンド。気持ちイイですね!

Tim Lyre and Prettyboy D-O – Highlife [Feat. Lady Donli] (Visualiser)

 

現代アフロフュージョンの担い手、 Tim Lyre (ティム・リラ)でした。

アルバム『Worry <』は現代ナイジェリア・アルテ、アフロフュージョン、ハイライフミュージックを体感うえで必須のアイテムになりそうです!

ナイジェリアアフロポップ、ナイジェリア・アルテシーンは本当にアツいので皆さん要チェックです!

▼ナイジェリア・アルテシーンはこちらをチェック!

【 Nigeria Alté 】 いま注目の ナイジェリア・アルテ アーティスト 7選
【 Nigeria Alté 】 いま注目の ナイジェリア・アルテ アーティスト 7選 この新しいムーブメントには、"オルタナティブ"を意味する"アルテ"という言葉で語られており、多様なジャンル・スタイルで構成されています。今回はその"ナイジェリア・アルテ"シーンからサクラタップス音楽部が注目するアーティスト7人をご紹介します。