FELIVAND / メルボルンの美麗ローファイインディシンガー

スポンサーリンク
FELIVANDIndie
Pocket

オーストラリア、ブレス弁を拠点にするシンガーソングライター、Felicity Vanderveenのステージネーム、 FELIVAND (フェリヴァンド)。

弱冠22歳ですが大人の落ち着きとしっとりとしたボーカルにより、有機的で質感のあるオルタナティブ/インディーポップの世界観を開拓しています。

2017年”Tiresome“でデビューし、2018年EP『In Bloom』、2020年『Nerve』という2つのEPをリリースしており、COLORS、地元オーストラリアのtriple J、Bandcamp、Apple Music(New Artist of the Week)など各メディアでも高い評価を獲得。

前述のようにしっとりとしたローファイインディポップにR&Bやネオソウルの要素も取り入れた楽曲は女性版Jordan Rakeiといったところでしょうか。

今後の世界的な活躍も期待できるオーストラリア発のシンガーFELIVANDをレビューしていきます。

スポンサーリンク

FELIVAND : レビュー

Where Were You

2021年作おススメ曲。オーストラリアらしいフューチャーソウル~ネオソウルのグルーヴ感としっとりとしたFELIVANDのボーカルがなんとも魅力的。

FELIVAND – Where Were You [Official Music Video]

Butterfly Wings 

2022年作カット。浮遊感のあるラブリーでキャッチーなインディポップ。

FELIVAND – Butterfly Wings [Official Music Video]

Black Paper Plane

2018年EP『In Bloom』より。物悲し気なギターから始まりサビへの展開が非常に美しく心奪われるローファイインディ。

Black Paper Plane

 

メルボルンの美麗ローファイインディシンガー、FELIVAND (フェリヴァンド)でした。

しっとりと聴きたい大人のインディポップですね。