【洋楽】 クールダウンしたい時に聴きたいギターソング 10選【2022】

クールダウンしたい時に聴きたいギターソング洋楽ライフ
Pocket

家呑み、ドライブでの車の中、ビーチなどで クールダウンしたい時に聴きたいギターソング をサクラタップス音楽部的視点でセレクトしました。

ジャンル問わず、ギターの音色が涼し気で心を癒して整えてくれそうな楽曲10曲です。

では早速聴いてみましょう!

スポンサーリンク

【洋楽】 クールダウンしたい時に聴きたいギターソング 【2022】

アメリカ、バルティモア出身のシンガーソングライターBaird(ベアード)のEP『BIRDSONGS vol. 2』より。トロピカルなギターの音色が印象的なインディポップ・ソウル。

BAIRD – Beluga Baby

 

 

南カリフォルニアのソングライターTrevor Hallとセネガル系アメリカ人シンガーMariemeによるアーシーでスピリチュアリティあふれるトラック。

Trevor Hall x Marieme – 2 Oceans (Official Music Video)

 

アイルランド、ウォーターフォード出身のジャズ/ソウルシンガーCarrie Baxter(キャリー・バクスター)のEP『What Now』より。軽快なギターリフに90年代ヒップホップのインスパイアを感じるトラックが気持ちイイ。

Carrie Baxter – Something in the Water (Official Video)

 

 

néomí – redemption 

オランダ出身のフォークシンガーソングライター、néomíの2022年デビューEP『before』より。Bon Iver、Ben Howard、Bob Dylanらの影響を感じさせる美しいアコースティックギターのサウンドスケープ。

redemption

 

 

サーフミュージックの雄による約5年振りとなるアルバム2022年『Meet The Moonlight』からのタイトルトラック。問答無用の夏に、海に欠かせないアイテム!

Jack Johnson "Meet The Moonlight" (Official Video)

 

 

カリフォルニア、オレンジカウンティ出身のベトナム系アメリカ人SSW、Kelly Truong=Kelz(ケルズ)の2022年EP『5am and I Can’t Sleep』より。ギターの音色がノスタルジックに響くドリームシンセポップ。

kelz – My Friend (Official Music Video)

 

 

メキシコ系アメリカ人シンガーソングライター、 Omar Apollo(オマー・アポロ)の2022年『Ivory』より。涼し気でドライなアコースティックギターとソウルフルなボーカルが弾けチル。

Omar Apollo – Petrified (Official Visualizer)

 

 

コロンビアの注目のミュージシャン¿Téo?(テオ)にWill Smithの娘、Willow Smithが絡む、南米チルアウトセッション。

¿Téo? – Buzzed (feat. WILLOW) [Official Audio]

 

 

スペイン生まれでイギリス、マンチェスターを拠点にするSSW、Nina Cobham(ニナ・コブハム)の2021年作品。ボッサ系のギターの響きとクールで切ないNinaのボーカルが素晴らしい。

Nina Cobham – interested

 

Maston , L’éclair – L’Eau Bleue

LAのコンポーザーMastonと、スイスの6ピースバンド、L’éclairによる2021年アルバム『Souvenir』より。ビーチボーイズや70年代ライブラリーミュージックを思わせるノスタルジック感満載。

夕暮れの浜辺で聴きたいシネマティックサウンド。

L'Eau Bleue

 

 

まとめ

クールダウンしたい時に聴きたいギターソング 10選でした。

気に入ったら是非アルバムもチェックしてみてくださいね!