Electronic

Netsky リキッド・ファンクのベルギー代表

投稿日:2018年7月3日 更新日:

Pocket

ベルギー出身のドラムンベース・プロデューサー、Boris Daenenこと” Netsky “(ネットスカイ)

ロシアワールドカップも佳境に入り、とうとう本日7/3決勝トーナメント日本VSベルギー戦が3:00キックオフですが、対戦国ベルギーのアーティストを紹介しようかなとitunesのプレイリストを探っていたら、いましたよ。お店のプレイリストでは唯一のベルギー代表かも。

しかもBGMとしてはあまり活用することがないドラムンベースから。

ドラムンベースは個人的には90年代後半からの 4Hero の活躍で耳にすることがありましたが、本格的に(といってもそれほどではないですが)掘り始めたのは2010年前後でドラムンベースといってもカテゴリはいろいろある中で、生音に近いドラムループとR&B的要素の強いボーカルが(入ることが多い)特徴的な「リキッド・ファンク」やジャズ系ベースラインを取り入れた「ジャズ・ステップ」を中心に聴いていました。そういえば最近聴いてないなぁ。。。

そのリキッドファンク部類に属している” Netsky “、2008年頃から活動し、リキッドファンク系名門レーベル Hospital Recordsと契約。

Drum + Bass Arena Awardsで最優秀プロデューサー賞を受賞するなど、シーンの中心的人物。

おっと、なかなか端正な顔立ちしたイケメンじゃありませんか。

2016年最新アルバム「Ⅲ」を中心に紹介します。

ChromeoのDave1をフィーチャーしたイントロギターが期待感を煽る、ポジティブなパーティチューン”TNT”

サクラタップスのイベント時にも重宝しているオススメ曲!

 

ドラムンベースというよりEDMやダブステップに近い展開の”High Alert”

ドラムンベースらしいドラマチックな展開と疾走するドライブ感が気持ちいい”Work It Out”

2009年作ファーストシングル、Jenna Gをフィーチャーしたリキッドファンクらしい曲、”Moving With You”

Ed Sheeran “Don’t”の Netskyリミックス

こうやって聴いてみると、結構ポップで、ドラムンベース初心者でも入りやすい人かもしれませんねぇ。

-Electronic
-

執筆者:

関連記事

Profusion ダンディなアラフォー、アラフィフ男性必聴!

コレはシブい。ダンディなアラフォー、アラフィフ男性に聴いてもらいたい作品。 ロンドンのプロデューサーK15と激シブシンガーソングライター、Emesonのコラボレーションデュオ、” Prof …

Thievery Corporation 多文化的サウンドスケープ

ワシントンDCの二人組、Rob Garza (ロブ・ガーザ)と Eric Hilton (エリック・ヒルトン)により1995年に結成されたベテラン・エレクトロニカデュオ・・・ ” Thie …

Little Dragon / 北欧発のエレクトロ・インディバンド

スウェーデン、ヨーテポリを拠点に活動するエレクトロ・インディ系グループで、ボーカルは父親が日本人の日系スウェーデン人であるYukimi Nagano(ユキミ・ナガノ)を中心とした4ピースバンド、 Li …

Thundercat サブカルオタクのオマージュ

今年のサマーソニックにも出演が決定しているStephen Bruner(ステファン・ブルーナー)こと” Thundercat “(サンダーキャット)、Flying Lotas( …

Mura Masa 小さな島からの最先端エレクトロミュージック

イギリスとフランスとの中間、イギリス海峡に浮かぶガーンジー島(イギリス領)という小さな素朴そうな島出身でありながら、クラブ系エレクトロミュージックの先端を走る気鋭の若手” Mura Mas …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。