Neo-Soul R&B

Leon Bridges – レオン・ブリッジス

投稿日:2018年3月21日 更新日:

Pocket

ネオ・ヴィンテージソウルというよりもネオ・サザンソウルといったほうがシックリくるテキサス州出身の若手ソウルシンガー、レオン・ブリッジス( Leon Bridges )

2015年リリースの「Coming Home」がグラミー賞の「R&Bアルバム部門」にもノミネートされ、一躍注目を浴びています。その音楽はまさに現代風サザンソウルでサム・クックやオーティス・レディングを想起させるも、それだけではないどこかヒップホップ以降の新しい感性がちりばめられています。

てことでこのアルバム名の中から数曲聴いてみましょう。

まずは個人的にこのあるアルバムで一番好きな曲。ドゥーワップ風コーラスとこの歌の主人公である”Lisa Sawyer”を語っていく歌詞からアメリカの南部の風景が見える情景たっぷりな曲。

 

こちらも南部感満。レオンのギターの持ち方がなんとも雰囲気たっぷり。

 

そして、ニューアルバム「GOOD THING」がリリース。

前回の「COMING HOME」のヴィンテージ感を踏襲しつつもポップさと洗練さが加わったR&Bに仕上がっています。

こちらはその新作「GOOD THING」から。

前作にはなかったアバンギャルドな雰囲気のR&B、”Bad Bad News”

 

前作を踏襲しつつもより洗練された感のある2曲。

“Bet Ain’t Worth the Hand”


“Beyond”

 

最新作「GOOD THING」の試聴はこちらからも。

-Neo-Soul, R&B

執筆者:

関連記事

Mac Ayres モダンで爽やかなブルーアイドソウル

NYのロングアイランド出身、名門バークレー音大で学び現在はボストンを活動拠点にしている、いわゆる「ブルーアイドソウル」テイストなオーガニックソウル/R&Bトラックメイカー、” Ma …

Thundercat サブカルオタクのオマージュ

今年のサマーソニックにも出演が決定しているStephen Bruner(ステファン・ブルーナー)こと” Thundercat “(サンダーキャット)、Flying Lotas( …

Ephemerals ロンドン発 ヴィンテージソウル系バンド

2014年にリリースした”Things Part1″を含むアルバム”Nothin Is Easy”からずっと気になっていた、ロンドン出身のヴィンテージソ …

Loose Ends 元祖UKアーバンソウル

80年代に全盛を極めたUKのアーバンソウルグループ” Loose Ends “(ルース・エンズ)。USのそれとは一線を画したアーバンメロウなチル・ブリットファンクは、のちに80 …

dvsn セクシーさ漂うチルアウトR&B

Drake主宰の「OVO SOUND」に所属するヴォーカリストのDaniel Daleyと、Drake”Hotline Bling”のプロデューサーでもあるNineteen85 …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。