少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Jazz

Blameful Isles / 北欧発のエクスペリメンタル・ジャズ

更新日:

Pocket

スウェーデンで活動するマルチインストルメンタリスト、プロデューサーのDaniel Israelsson(ダニエル・イスラエソン)によるソロプロジェクト、 Blameful Isles (ブレイムフル・アイズル)

かなり実験的なジャズ、ロック、ヒップホップ、ダブ、民族音楽を組み合わせたインストルメンタルを展開します。

1970年代の初期のジャズ・ロック・フュージョンの再構築、フェンダーローズ、ムーグなどのアナログシンセを使ったヴィンテージ感やダブテクニックを組み合わせたサウンドは、壮大でどこか宗教的でもありスピリチャルな世界観を持ち、その嗜好は「宇宙哲学作家」とも呼ばれるジャズミュージシャン、Sun Raに近いものがあります。

2013年頃から活動を開始し通算4枚のアルバムをリリースしていますので、かなりコンスタントに作品を出していますね。

最新作は今年、「Pleroma」をリリスしており、このアルバムは「タンザニアの首都ドドマの神秘的な土地から出発する旅」で構成されいて、「音楽が愛と思いやりの普遍的な言葉であることを実感してくれるもの」だとしています。なんか、深いですね~。

©Twisted Soul

 

Discography(アルバム)

The It's Not the End (2014)
Strange But Not Entirely Unattractive (2016)
This Heart Of Our Heart (2017)
Pleroma (2018)

Review(レビュー)

最新作「 Pleroma 」を中心にレビューします。

Infinite Being (Sagittarius)

タンザニアの空気感そのまんま(行ったことないですが・・・)のイントロから静かに立ち上がる壮大スピリチュアルサウンド。

 

Witchdoctor (feat. John Millstream)

途切れることなくとめどなく襲ってくるアフリカンダイナミックジャズ&ダブヴァイヴ!

Orange sun tea (Gemini)

やや音が割れ気味のフェンダーローズがビンテージ感があってイイ

Snowflake Nebula

あなたを愛と思いやりの精神世界へと誘います。

Jahlia (feat. Hüey Stone)

旅を終え、慈愛に満ちた心で満たされます・・・って何の世界だ!?

Dharma

最後にお気に入り。アルバム"This Heart Of Our Heart"より。チャクラは思いやりと愛と統合につながります・・・ダーマ。

 

まとめ

Blameful Isles (ブレイムフル・アイズル)でした。とても北欧、スウェーデンのミュージシャンっぽくない(偏見?)アジア、アフリカの宗教的精神世界に通ずるエクスペリメンタルなジャズでした。かなりコアでマニアックですね。聴く人を選ぶかもしれませんが、一度入ったら抜け出せない世界かもしれませんよ。

 



ジャズランキング

-Jazz
-

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。