未分類

安室奈美恵 SakuraTaps的 名曲 7選

投稿日:2018年9月11日 更新日:

Pocket

今週は沖縄出張だったんですが急遽都合によりキャンセルになり、出張手配してくれる事務局に電話したところ担当の方から、

「あ~そうなんですね、今週は沖縄行き、プラチナチケットなんですよ~。ほら、安室奈美恵のラストライブがあるじゃないですか~」

そうだった!今週末9月15日に宜野湾のコンベンションセンターでラストライブがあるとの話だったっけ。

だったらファンの人が一人行ける可能性が出たってわけで(そうとも限らないですが、むしろファンはすでに調達していると思われるし)、それはそれで良かった・・・ということで、引退記念、当ブログ初挑戦、日本人アーティスト、安室奈美恵でアップしたいと思います。

言わずと知れた90年代ギャルのカリスマ、時代のアイコンとして君臨し、今もなおそのカリスマ性とストイックでアーティスティックな活動がファンのみならず多くの国民からリスペクトされている安室奈美恵。

普段、あまり日本人アーティストを聴く機会がなく、ましてやアラフォー・アラフィフ男性多めのビアバーのBGMとしても取り上げることはないにも関わらずピックアップするのもなんですが、あえてもし、BGMとして取り上げるなら?の視点で7曲セレクトしてみたいと思います。

SakuraTaps音楽部的7選。普通のベスト、名曲選とは違う”安室素人”目線ですが、ファンの方から見て新鮮だったら嬉しいですね。

Review(レビュー)

SakuraTaps的①選目 ”go round” from 「_genic」(2015年)

Amerie(エイメリー)の”1 Thing”をよりポップにしたような跳ねたビートがキャッチーなR&Bポップス


因みにAmerieの”1 Thing”

SakuraTaps的②選目 ”Anything” from 「_genic」(2015年)

2選目もアルバム「_genic」から。このアルバムは各曲アプローチが違うんですが全く違和感を感じさせません。安室奈美恵というアーティストが完全に確立しているがゆえであり、なかなかできることではないと思います。領域としては美空ひばりですね。

SakuraTaps的③選目 ”should i love him?” from 「PLAY」(2007年)

さすがは日本のアーティストというかレーベル。ここからはYouTubeで公開されてないため、i-tunesプレイヤーで紹介。
打ち込み系のメロウなR&B、BGMとしてもいけそうですねぇ。

SakuraTaps的④選目 ”My Love” from 「PAST<FUTURE」(2007年)

カッコイイですね。個人的に一番好みかも。彼女が標榜する”Queen Of Hip Pop”を定義している曲の一つではないでしょうか。

SakuraTaps的⑤選目 ”Stardust In My Eyes” from 「FEEL」(2013年)

珍しくドラムンベースやってますね。

SakuraTaps的⑥選目 ”Kiss And Ride” from 「GENIUS 2000」(2000年)

このアルバムは小室哲也とTLCやBoyz Ⅱ Menを手掛けていたアメリカのプロデューサーDallas Austinが共同プロデュースしているんですね。
音の作りが時代を感じさせますが、安室作品では珍しいロボット的「淡々さ」が際立っていてGOOD

SakuraTaps的⑦選目 ”Violet Sauce” from 「White Light/Violet Sauce – EP」(2007年)

00年代後半の安室奈美恵的Hip Popダンサブルチューン。アルバム「PLAY」のバージョンより、ビートがソリッドに仕上がっているこちらのEPのほうが好み。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。SakuraTaps音楽部視点で選んでみた安室奈美恵名曲7選でした。お店のBGMとしてあえて選んでみるとしたら・・・を安室素人なりにフラットな視点でセレクトしました。

それにしても、スポーツマンや芸能人の「引き際の美学」って難しいし大事ですね。引退を惜しむファンがほとんどだと思いますが、理由がどうであれこの引き際は単純に「カッコイイ」なと思います。

これから先、こんなストイックでアーティスティックでキレイな人、出てくんのかな・・・?

-未分類

執筆者:

関連記事

音楽部のブログ開始

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。BGMとして選曲するうえで大事な「聴き流し」できる上質な音楽を紹介するだけでなく、 …

【ネオ・ヴィンテージソウル特集】プレイリスト 2018年2月

2月のプレイリストテーマは”Warm R&B”と題しAmyWinehouseやRaphael Saadiq 、Mayer Hawthorne等の成功によって近年盛り上が …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。